シロカネアートスクール

公演履歴
シロカネアートスクール バレエ&フラメンコ 第26回発表会

2009年6月28日[日] pm4:00

銀座ブロッサム

踊り…南沢博子/ラルティグ優子/安藤雅孝

ピアノ…鈴木尚

カンテ…手塚環

フラメンコギター…山中秀樹

構成・振付・指導:南沢博子

指導:安雲理子/ラルティグ優子

特別指導:山中杉江/安藤雅孝

衣裳:本間杉江/ナジャハウス他

照明:小平典夫

音響:吉塚永一

舞台監督:依田直之

協力:村山香澄/瀬谷登志子

主催:シロカネアートスクール

シロカネアートスクール バレエ&フラメンコ 第26回発表会

キャスト

バレエ&フラメンコ-南沢博子

幼少よりモダンバレエを故伊藤道郎、岩田密江に師事。

クラシックバレエを愛川浪江、森達朗ほか、フラメンコを香取希代子、渡邊薫に師事。

他タップダンス、ピアノ、声楽、哲学、カウンセリング等、幅広く指導者として必要な勉強を行う。

1978年シロカネアートスクールにてバレエの振付指導にあたり、15周年記念公演の一部の構成・振付を担当し、創作作品を手がけ、以後毎年作品を発表。

岩田密江の後任としてバレエ教室の責任者となる。

87年~90年までスウェーデンに留学滞在しバレエ、ジャズダンス、モダンバレエを習得。

帰国後、91年シロカネアートスクールにフラメンコ教室を新設し、指導にあたりながら、ホセ・ガルバン他にレッスンを受けいっそうの研讃を積む。

スウェーデンでの研究の成果の一つとして、スウェーデンの子供の歌に訳詞を付け、CD、絵本を出版、子供のためのバレエ組曲を発表。

96年ロカネアートスクールの代表に就任。

98年30周年記念公演を開催。

98~99年ラテンパーカッションを学ぶ。

研究生の主なメンバーでSAクリエイティブダンサーズを結成し、99年博品館劇場主催「フラメンコ99」に出演。

2000年博品館劇場、01年より毎年俳優座劇場にて「南沢博子&SAクリエイティブダンサーズ」公演を主催、フラメンコを主体にしながらもジャンルを超えた作品を発表。

03~04年津軽三味線を学ぶ。

05年~日本舞踊を花柳美紀豊に師事。

2005年アートスフィア、2006年俳優座劇場にてリサイタル公演を開催。

07年シロカネアートスクール40周年記念公演を開催、自らバレエ、フラメンコ、バイレ・エスパニョールを踊る。

07~08年カホンを加藤直敬に師事。

09年4月東京芸術劇場にてリサイタル公演「バレエとフラメンコによる 時の幻想曲」開催。

現代舞踊協会会員、日本フラメンコ協会会員。新宿産経学園講師。

南沢 博子

バレエ-ラルティグ優子

3才より日本舞踊(花柳流)を始め、7才でクラシックバレエに転向。東京バレエ劇場にてロイ・トバイアス、南麻美に師事。ロンドンフェスティバル・バレエ団日本公演に「くるみ割人形」の子役として出演。第1回、2回博品館フェスティバル出演。綾瀬産経学園講師、YSバレエ主宰を経て、2003年9月よりシロカネアートスクールにて指導に当たる。

ラルティグ 優子

バレエ-安藤雅孝

小川亜矢子、高木俊徳に師事。

1984年より両氏の作品や中島素子、石井潤、佐藤宏作品、日本バレエ協会公演に出演。

97年「コントラスト」ではダンスマガジンで”主役を喰うほどの存在感”と絶賛される。

99年、B+C・Facotory旗揚公演「まくべす」にて振付・主演。

シェイクスピアの世界への日本的アプローチ、他ジャンルとのコラボレイトが絶賛を博し海外にも認められる。

01年中国、英国の招請により「まくべす」上演。

以降もチェコ、フランス、アルゼンチン等で公演予定。

安藤 雅孝

ピアノ-坂本紫

ピアノを藤沢克江、廣江啓子、大原崇子氏に師事。和声学を竹内剛氏に師事。国立音楽大学器楽科ピアノ専攻卒業。在学中よりフルート、ヴァイオリン、声楽などの伴奏、年末恒例「第九」の合唱伴奏などのアンサンブル経験を生かし、ソリストのリサイタルに多数出演。また在学中より音楽事務所に所属し、コンサート、イベント、映画音楽制作伴奏、スタジオ録音等で演奏。最近は高齢者ケアセンターや幼稚園等、活動範囲を広げながら、後進の指導にもあたっている。サラバンドのメンバー。

坂本 紫

カンテ-手塚環

フラメンコ舞踊を数年学んだ後1990年に渡西。

マドリードに滞在し舞踊を中心に歌も学ぶ。

その間テレサ・デ・マドリード舞踊団のポルトガル公演に歌手として出演する機会を得る。

その後再び93年より95年までスペイン南部アンダルシアに滞在し、生活に密着したフラメンコを手に帰国。

96年には日本フラメンコ協会第5回新人公演で奨励賞を受賞。

本拠地東京でのタブラオ出演はもとより創作的な劇場公演等、日本各地の舞台に数多く出演している。

手塚 環

フラメンコギター-山中秀樹

1992年スペイン留学中にフラメンコギターに出会う。帰国後、三澤勝弘氏に師事。2000年、日本フラメンコ協会新人機応援において奨励賞受賞。同時にスペイン大使賞受賞。現在舞踊伴奏の他、ソロコンサート活動、ギターによる重奏コンサート等も行っている。

山中 秀樹

ページトップへ
お問い合わせ先入会案内シロカネアートスクール WEBSHOP 交通案内
地図

【アクセス】
東京メトロ南北線・都営三田線
白金台駅2番出口より徒歩4分
アリア・セレーナ白金2F
正源寺参道途中に入口あり
>>詳細はこちら

【住所】
東京都港区白金2-7-19

TEL 03-3441-3853

FAX 03-3441-3890

ライン

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid XHTML 1.0 Transitional